キャッシングの具体的な方法 >

キャッシングの便利帳

キャッシングには、様々な企業系列や形態などによって違いがあります。そこで、下記に比較しやすいようにまとめてみました。銀行系の代表的なサービスには三菱東京UFJ銀行のカードローン・バンクイックや三井住友銀行のカードローンなどがあります。

銀行系の主な特徴として、金利の安さが挙げられます。またネット銀行の場合は特に金利が低い傾向にあります。店舗や人を置いた窓口を持たない事でコストを抑えている為、他の銀行より有利な金利サービスを提供しているのです。ただし、審査時や借入れ枠の変更時の際に時間がかかるといったデメリットがございます。中長期的に大規模な借入れをご検討の方にお勧めのサービスになります。

信販系の代表的なサービスにはオリックスVIPローンカードや三菱UFJニコス ローンカードなどがあります。信販系はポジションとしては、銀行系と消費者金融系の中間的な存在となっております。信販系の主な特徴として、金利が銀行系とほぼ同じかほんの少し高いだけにもかかわらず、信会社が発行しているカードのため信頼してお使い頂けます。

また、キャッシュディスペンサーやATM機の数が多いことや、クレジットカード契約でそのままキャッシングすることもできるので、手軽な借入れが可能です。ただし、銀行系ほどではありませんが、こちらも審査に少々お時間がかかるといったデメリットがございます。一般的なショッピングなど、小規模の借入れをご検討の方にお勧めのサービスになります。消費者金融系の代表的なサービスにはアイフルのカードローンやや三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムカードなどがあります。

消費者金融系の主な特徴として、まず、審査スピードが圧倒的に早いことがあげられます。また、ご利用限度額内であれば、借入れした金額を返済しきる前でも継続的に借りることができるリボルビング方式をおっていることが多いです。その代わりに、他に比べ金利が少し高めであったり総量規制(年収の1/3以上は借り入れできない)であったり日割計算で利息を計算するいったデメリットもありますので十分把握しておく必要があります。突発的に現金が必要となった場合にお勧めのサービスになります。

Copyright (C) キャッシングについての私の考察 キャッシングの基礎知識. All Rights Reserved.